::今という瞬間を切に生きる:: 


by 6xt
カレンダー

<   2005年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スノボin信州

b0065170_21285467.jpg今年二回目のすべりです。
とりあえず会社を早退し夜行バスで信州へ・・・・
行きのバスはかなり広く一番後ろ消灯までサッカーの放送を流すサービス有
しかし・・消灯後まったく寝れない いまにはじまったことではないがあの体勢で寝るのは困難なものである。
こういった状況では携帯とMP3プレーヤーが活躍する
そのまま寝ずに目的地に到着・・・っといいたいところだが運転手と添乗員が我々が世話になるペンションの場所がわからず雪道に下ろす始末・・・・
さらに降り際に聞いた一言
運転手「こりゃーチェーンいるなあ つけようぜ」
添乗員「うーん ええ ええ このままでいこ」

降りたことが幸いだったのだろうか・・・・。

午前8時にはゲレンデに向かう
やはり新雪のパウダースノーは最高である、バランスを崩しても雪が吸収して体勢を整えられる、吹雪が強まる中 帽子とゴーグルを借りなかった友人の目が死んだ目となる。
昼に500円のぜんざい(餅ひとつ)とカツカレー(950円)を食し午後のすべりに向かう・・・がふぶきが強いため15個あるリフトが3つしかうごいていないのである、しょうがなく乗れるリフトの全てのコースを滑ったが見事なまでにアイスバーンであった。
安藤美姫を超える4回転半でゲレンデをすっころんだ際には食後なので吐き気をともなったが
4時間ほどそれを続ける。

その後ワンコイン温泉にはいり 酒を大量に購入、消灯まで友人らと軽い飲み会をする。

バス内にはトイレがある為頻繁にドライブインに止まらないため22時に夕飯へまたそこのうどんがまずく食えたものではなかった、やはりドライブインの麺類は食えたものではない

アルコールがはいっている為寝たことは寝たが30分ごとに起きたり寝たりの繰り返しであった・・・そして大阪に到着 時間は午前5時・・・・おいおいどないせっちゅうねん
とりあえず駅で友人達とだべり始発で帰宅する そのまま仮面ライダー響鬼を鑑賞し寝る

もう夜行バスでの旅行は遠慮ねがいたい

***ただの日記だな***
[PR]
by 6xt | 2005-03-28 21:29 | 駄文

朝青龍

朝青龍がHHHになりますた。
b0065170_21103763.jpg
[PR]
by 6xt | 2005-03-24 21:10 | プロレス
b0065170_2184198.jpg【ナパーム・デス来日公演】

皆さんデスメタルというジャンルはご存知でしょうか?
デスメタルはスレイヤーに代表される、スラッシュ/スピード・メタルの攻撃的なサウンド+暴力的な歌詞――。そこから派生した「デス・メタル」は、超暴力的で高速的な演奏を誇る暗黒の使者である。
80年代にイギリスから登場したナパーム・デスやカルカス、フロリダ出身のデス、ディーサイド、オビチュアリーといったバンドが作り出すサウンドは、まったくもって猟奇映画におあつらえ向きだ。流血の中を転げ回るような暴虐的歌詞、おどろおどろしい歌唱法――。そしてギターはチューニングを落としていたずらに低音部を強調し、ヴォーカルは得体の知れない唸り声をあげ、喉の奥深くから身の毛もよだつ言葉をわめきちらす。
「ヴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオアアアアアアアアアア!!!!」
また、スピード違反の感さえある攻撃的ビートが生み出す超高速サウンドは、まるで自らの体力の限界に挑むようでもある。余談だがナパーム・デスのドラマー、ミック・ハリスがスポーツマンとしても優秀だという話には、すかさず納得させられる。
結局のところデス・メタルの音楽的進化はそれほどのものでもなかったが、後に、より政治的でパンク的な要素をもつ「グラインドコア」というスタイルを生みに至っている。そしてスカンジナビアにおけるデス・メタル・バンドは、中世色の濃い、悪魔崇拝/ヴァイキング伝承などを唱える「ブラック・メタル」へと変化していった。
そんなさなかいまだ解散せずにヴォオオ、ヴォオオ叫んでるデスメタルバンド「ナパームデス」が四度目の来日をするのDEATH

「ナパームデス」クラスならばそこらのツタヤにも置いているはず・・・是非聞いていただきたい
視聴後けなすも、はまるもあなた次第・・・・ けなすもハマルもナパームデスにとったらしてやったりということだ


【NAPALM DEATH vs SUFFOCATION】

●公演日程●

4/9(土)渋谷クラブクアトロ

OPEN 18:00/START 19:00
前売¥5,500(ドリンク付)
お問合せ :SMASH 03-3444-6751

4/11(月)名古屋クラブクアトロ

OPEN 18:00/START 19:00
前売¥5,500(ドリンク付)
問い合わせ:JAIL HOUSE 052-936-6041

4/12(火)心斎橋クラブクアトロ

OPEN 18:00/START 19:00
前売¥5,500(ドリンク付)
お問合せ : SMASH WEST 06-6535-5569
[PR]
by 6xt | 2005-03-22 21:06 | 音楽

出会いと別れの春

卒業、入学、入社、退職
春っというか3月-4月はそんな時期であって・・・
わが社も例外ではなく同僚が転職することになった
同僚が去るのは残念ではあるが本人はせいせいしているようす
先月わが部署からベテランが一人抜け多忙極まりない日々をすごしてきたが
企業実践(会社にきて実際働く)に来ていた学生を先日からバイトで雇い始めた


まあ学生なのでしょうがないが技術も知識も無く全く使えない・・・しまいには暇な時間をみて就職最先端2005なる本を読んでいる始末。
しかもそれを人事部長にバレル始末

結果、シフト制ではなく 忙しい時に来てもらい暇になったら帰らせるという 不規則極まりない契約に改める・・・。

で本人には悪いが雑用としてつかっているしだいです、(助かっているのは事実だが)
バイト君の寿命もあと少しなのだろうか・・・
[PR]
by 6xt | 2005-03-20 14:41 | 社会

WYKKED WYTCH

b0065170_23583590.jpg世界は広い
日本では国内のレーベルにより洋楽を購入でき
また輸入業者も盛んでまあ有名なバンドのCDを購入するのは比較的たやすい
しかし無名なバンドを発掘する作業は難しい
先人がかならず必要となり インターネット上での評価を参考に購入検討するしかない。

例えるならば
ブラインドガーディアン系:ドラマティック
ドリームシアター系:プログレ
ハロウィン系:ジャーマン、ジャパメタ
ナパームデス系:ゴア
ソイルワーク系:デスラッシュ

等とそれ系統の有名なバンドを ***系とかかているのをみて購入を検討する。

で最近見つけたのがWYKKED WYTCHである。
女性版COFといったところでかなりぶっ飛んでいるCOFまでドラマティックな展開はないもの
アークエネミーの女性デス声を超えているのは確か

一度視聴アレ

::公式
http://www.wykkedwytch.com/
::サンプル
http://www.wykkedwytch.com/media.html
[PR]
by 6xt | 2005-03-18 23:58 | 音楽

ライブ:ANGRA with NIGHTWISH

b0065170_14264945.jpg本日ANGRA with NIGHTWISHのライブに行ってきました。

知らない人が多いと思うので簡単に紹介

ANGRAはブラジル出身のMETALバンドである。
ドラマティックな曲調にハイトーンボイスが響き渡るシンフォニックメタルの大御所
自分は1999年頃から聞き始めているが今回はじめてライブで生アングラを見ることとなる。

NIGHTWISHはフィンランド出身のMETALバンドである。
シンセやキーボードとメタル、更にはオペラ学校に在籍していた経験のある女性ボーカル「ターニャ」らが奏でるシンフォニックメタル・・・というよりオペラメタルと言ったほうが理解しやすいと思う。
最近デアデビルやWWEノーウェイアウト03のテーマを歌った「Evanescence」が売れたことで女性ボーカルのバンドが注目を浴びている。「Evanescence」が好みな方は是非聞いて欲しいバンドである。


NIGHTWISHの紹介が大目なのは今回NIGHTWISH目当てでライブに行ったからである。
NIGHTWISHは今回がゲスト扱いとはいえ初来日なのである、初来日の初日のライブに足を運ぶこれは名誉といえる、で内容ですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

:::NIGHTWISH
NIGHTWISHはどうやら5THアルバム「ワンス」の曲を中心に歌っていた・・・・。まあ海外アーティストが来日ライブするっていうのはアルバムがでたからするわけなんだが、初来日であるのに関わらず最新アルバム中心だったので肩すかしだった部分はある。
前日にベストCDを発売しているのだから過去の曲も歌って欲しかった、曲のセレクトに不満はあるもののやはり演奏がうまい、アンコールに私の好きな「Wish I had an Angel」があったので最後の最後で満足した。
ターニャはWWEのリタに似ている、ベースのマルコはジェリコに・・・、ドラムはバンダナなのでテイカー(笑

演奏は1時間半

ここで休憩時間となる。
叫びまくったので喉を癒すためコーラを飲む、ライブ会場のドリンクは高い・・・一杯500円もする(笑

:::アングラ
NIGHTWISHの曲セレクトに肩すかしを食らったわけだがアングラは過去の曲も織り交ぜていた、音質もチューニングも最高の出来であった。MCはほとんど日本語で「ニホンダイスキ、オオサカダイスキ」「ツギノキョクハ****ダアア」「ミナサンタノシンデマスカ?」等等シャウトしてくれた、これには観客も興奮!そしてアンコールはじらしにじらした至宝曲「キャリーオン」を演奏 観客はこれをまっていたといわんばかりに最後の力を振り絞りシャウトしていた、更にもう一曲アンコールにもこたえてくれた。
結果的にアングラは二時間半近く演奏していた。


ライブ会場の総括
二階は指定席、一階はオールスタンディングという難波ハッチ
開演三分前にすべりこんだ私とゆかいな仲間(二名)は最前列の方に移動する。
オールスタンディングの最前列は危険極まりないところで殴り合いもしばしば起きる(今回のバンドはデスメタルではないので無かったが)チルドレンオブボドムのライブの時は客が殴り合っている光景を目にする。
上記にもあるとおり今回はデスメタルではなくシンフォニックメタル+オペラメタル
客層は広く50歳の主婦まで来ていた(さすがに最前列にはいない)女性の客も多く最前列にいる強者もしばしば目にする。


兎に角この二つのバンドのカップリングは非常によかったと思える、NIGHTWISHに関しては最新アルバムの予習&聞き込みが不足したのが心残り
アングラは上記とおり最高のパフォーマンスを見せてくれた。
やはりライブはいい!!(眠気により文法その他ががくがくだな・・・)

っというか今体中が痛い・・・普段デスクワークで15時間座れる体質に変わったので 四時間立っているだけでこのざまか・・・(本当は四時間も小刻みジャンプしていた) 更に久々に行ったヘドバンで首が痛い・・・・。明日は間違いなく筋肉痛だ、休息をとらねば・・・
やはりライブは土曜に限るなw
[PR]
by 6xt | 2005-03-12 23:49 | 音楽