人気ブログランキング |

::今という瞬間を切に生きる:: 


by 6xt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:人生( 5 )

いまからお話するのは旅行二日目から帰宅までの話ですじゃ・・・


アラームを電王が始まる八時にセットしたものの
隣の部屋のおばちゃまの声が目覚まし時計となった。
っというのもこの部屋は玄関?にドアなどなく襖しかないのだ。
U太がしきりにおばちゃまに罵声を浴びせてるまに皆ムクムク起きだした。

時間にして7時半

まだ寝ているサムライを残してU太と露天風呂にぶっこみにいく。
部屋にもどるとNANAがポケモンをみていた
8時になったのでチャンネルを電王に変えると NANAは激怒しだした。
どうやらこやつ無類のアニメイトのようだ・・・

そんなこんなで朝食の時間となり宴会場にむかう。
しかしながら和食の朝食はひとつひとつの質量はすくないが数がやばい
朝食時 我々の隣のご一行はU太曰く35歳の負け犬達(ちょw
人生の先輩方を前に「こいつらこの年でお互いの傷のなめあいしておわってますわー」っと暴言連発
そそくさに我々は脱出した
朝食後キタロウを鑑賞し、目的地である白川郷に向かった・・・。


10時きっかりに白川郷に到着
b0065170_21233068.jpg

しかしやはり観光地、世界遺産! 観光のご年配の方が多い
我々は鉄橋を渡り合掌造りの民家に感動(違う意味の)していると
前方に若人の集い発見・・・・・・・

そう
ひぐらしツアーをしているどこぞの若者である。

ま、まあ身なりもちゃんとしているのでお互い見てみぬふりでいこうと先にすすむと

ありましたメイド好きの先生が勤めている診療所・・・・・・・・・・


って




ちょw







b0065170_2122414.jpg

スシ!グローブ!クロシャーツ!ズボンIN!ロールアーップ!バンダーナ!

絵に描いたような昭和STYLEのオタク様が診療所前に群がっています。
テンションAGAるのはわかるが
おまいら自重しろw

さてここであることがわかる・・・・

お土産屋やお食事処、合掌造りの家々、鯉などをに興味をもっているのが年配の方。

ひぐらしの背景に使われた診療所、倉庫、はたまたゴミセンターに興味をもっているのがヲタの諸君(我々を含む)

以外にも 年配の方とオタが一緒にいるところは 展望台、神社、和田家 しかなかった(いってないけど多分庭園もかな?)


NANA「こいつらと一緒におもわれたくない!!!」
っといらだちだしたので我々は白川郷でも端の端っこにあるときく
なんたらクリーンセンター(前原家)を目指し歩き出す・・・・。
途中 富竹コスをしたおっさんを発見するサプライズがおこるw


b0065170_215651.jpg

診療所から徒歩30分ほどで前原家に到着!

b0065170_2283164.jpg

展望台に向かう途中で四人一緒に飛騨牛のひつまぶしを食べる。

大佐!性欲をもてあます・・・
精をつけた一行はひぐらしのタイトル画面でもつかわれたといわれる展望台をめざして歩き出す

そんななか
b0065170_21565586.jpg

民家の子犬を発見したので遊んで写真をとる。
かーいーよーおもちかえりー

城山展望台に行くには心臓破りの狭い山道を上らなければならない。
NANAとサムライはスニーカーだったが
U太はバレーシューズ? 我輩はクロックス風サンダルだった・・・・
すべれば死ぬ・・・恐らくこれもサトコのトラップだろう。


NANAが疲労で死んでいたがなんとか頂上に到着
b0065170_2295594.jpg

ご年配、オタと入り乱れて撮影がはじまる。
しかしここでトラップ発動
地面にはクマバチが巣を作っており ベストポジションと巣を踏んだらお社様に祟られます



来た道を帰るっという苦行

山登りで一番危険なのは下りだということが改めてわかった。
サンダルで小刻みよくジャンプすれば薄っぺらいゴムゆえ足裏に衝撃がはしる。
b0065170_22102458.jpg

山登りにサンダルはお勧めできません。




さて次に向かったのが
b0065170_22105234.jpg

廃墟こと リカちゃんハウスw
冬には豪雪地帯なのでどこの家にも雪下ろしのため2連ハシゴが置いてあるのが白川の特徴だが、K1と3音の真似はおすすめできない・・・・・だってすぐ下に持ち主?の墓があるから・・


りかちゃんハウスから神社まではひぐらしロードである。

嘘だ!の坂
撤兵ハウス
レナの家
などがあるのだが我輩以外みなスルーしていたw

古手神社 (もとい 白川八幡神社)

想像してください
神社に群がる
オタの人たちの姿をw
b0065170_22113080.jpg

彼らは過去にこの神社におとずれ残していった絵馬(もといひぐらしイラスト)を手にとりニヤニヤニヤニヤ、他人の絵馬を全て手にとって眺める人がいたんですねw

うわさの絵馬・・・
b0065170_22123914.jpg







さてここでダラケムード
有名どころを観光した皆は
世界遺産にあきてしまったのだw

たしかに4時間近く田舎を闊歩するのは灼熱の太陽とあわさってきついものがある。

大阪からここまで6時間かかっているし
それではお土産でも買って帰りますか~ってなことで一行は車に向かう

NANAは土産を買いに・・・
のこった我々は川辺へ水遊びに。。。。
しばらく遊んでいると

サトコトラップ発動!
雨が降りだしてきたのだ
(山は天候がすぐかわるだけだが)


車に退散した我々は3時に白川郷を出発する。

この時点では晴れていたのだが
金沢あたりから豪雨となるわ くるまのDVDプレーヤーいかれるわと
トラップの連続w

さすがに皆疲れていたのか運転手以外寝ていた

そんなこんなで大阪に無事到着しNANAの近所のファミレスで食事をすることに・・・
しかし駐車場はミニカー仕様でワゴンはなかなか入らない4人で10分近く奮闘しなんとか駐車

最後の最後までトラップだった。


食事後NANAらは皆を家に送り一泊二日のひぐらしツアーは終了
乙であります!

<こぴぺ>
とまあ、長くなっていたので後半駆け足だったがこんな感じ。
今回の旅行でだいぶ白川郷は熟知したので雛見沢巡礼を引率して欲しいという
命知らずがいるならいつでもNANAに声をかけて欲しい。(日程が合えばだがw)


他の記事が溜まってきているので白川郷旅行についてはこれにて終了!
</こぴぺ>









雛見沢に行ったつもりになれる
雛見沢観光とひぐらし狂気まとめ (相撲ロボット製作部) ひぐらし動画↓
ひぐらしファンも知らない人も・・・
http://youtube.com/watch?v=O6DpkLCeGPs
by 6xt | 2007-09-20 22:13 | 人生
これからお話する物語 宿に着いてから就寝までの記録である。

宿に到着するとチェックインをすまし部屋に招待された。
部屋の入り口は牢屋のようなつくりで壁が薄いw
だが部屋は15畳ほどあってなかなかよい。
窓からは岐阜の壮大な景色が・・・・・って山しか見えんw

そんなわけで長距離の移動でお疲れモードな皆さん・・・・
ではなかった。
今回の旅行にはFXライトセーバーを用意してきたので
NANAを除く輩でライトセーバーを振り回しはじめたw

FXライトセーバーとはなにぞや?

b0065170_22135211.jpg

        ↑↑↑サムライことチャーリーくん↑↑↑
・・・・・程よく振り回し疲れると
NANAを除く輩で温泉に向かう

温泉からあがり部屋に戻ると夜勤明けのNANAは布団で寝ていたw
だらだらしてると夕飯の時刻となったので宴会場?に向かう
テーブルを見るとNANAの名前でなくなぜか私の名前があった
どうやらキャツは我輩の名を拝借して予約をとったらしいw
夕食は飛騨牛のステーキをはじめとした和食<写真参照>
b0065170_22145885.jpg

個々の質量はたいしたことないが数が多いのでマンプクである。

部屋に戻ると
雛見沢分校でおなじみの部活(ようはただのゲーム)が開始する。

・奈々ならべ(シチ並べ)×7回戦
・大富豪×7回戦
・ババヌキ×7回戦
・UNO×7回戦


計28戦が行われた

このゲームでは各ゲームごとに最下位の物が優勝者にプレゼントをあげることになっている
私が用意したプレゼントは****
b0065170_22152639.jpg

中身が見えたら萌えない、いや燃えないのでラッピングしてきた。

・奈々ならべ 一位
・大富豪 一位
・ババヌキ 三位
・UNO 一位

結果としては私の圧勝で総合優勝も果たした。

商品の服やら奈々様腕章をゲットし 総合優勝の小包もゲットした
*私の持参したプレゼントは総合二位のNANAのものとなった

さて私は総合優勝の袋を開封すると・・・・・・・・・・・・・・・・・・








b0065170_22161134.jpg


アニメっことおじさま


AVである。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・イラネw




気が付けばゲーム開始からなんと4時間も経過していた・・・・
時間は23:55である。


明日に備えて就寝・・・・・・・・・・・・・・・・・普通はそうだろう?
だが
NANA除く三人の輩は
ホテル別館にあるという露天風呂に向かっていった。
ここでサトコのトラップ発動!!
別館というだけあって本館よりもつくりが新しいが壁中に蛾がへばりつき
足元にはヤモリやムカデがひしめく


これが自然か・・・・・


露天風呂にはさすがに人っ子一人いなかった。
窓も開放されており
チャーリー君がマッパでテラスに仁王立ちする
その光景たるや名作湯煙の中でである

子一時間入浴し部屋に戻る三人
さすがにNANAは明日に備えて寝てしまっている。
我々も明日に備えて寝ようか・・・・


いやいや 自然の夜といえば漆黒の闇
闇と光は極性
岐阜といえば自然
自然とテクノロジーは極性
そう!
我々は人類の最新テクノロジーで光属性のライトセーバーを持ち出し自然の闇に向かい
ホテルの外に飛び出した!

しかしここで更にサトコのトラップ発動!!!
先ほどは降ってなかったのに雨が降り出している・・・・。
しょうがなく屋根のある場所に行き

1、白川郷付近のホテルで
2、深夜1時に
3、浴衣+ゲタで
4、三人の輩が
5、ライトセーバーで殺陣をする。


今まさにこの瞬間 地球上で我々しかしてないことだ(多分w
そういう瞬間を意識して行動すると楽しいものだ

30分ほど振り回すと雨もやんできた
どうやら雨天時にライトセーバーを回すと雨乞いではなく
雨を止める力があるらしい!!

さっき風呂にはいったのに汗だくになったので また露天風呂に・・・
ではなく皆 布団にもぐりこんだ。

<コピペ>
こいつら歳、いくつだよ。。。
</コピペ>

さあ疲れきった体でこの四人は白川郷を2本の足で歩くことができるのであろうか?!

続く
by 6xt | 2007-09-16 22:22 | 人生
さて今から書くのは旅行前日の深夜のことだ

幹事のNANAは夜勤だったので最後の会議をすることはできなかった。
そんなこんなで集合時間に変更があったものの
我輩は変更前の時間に集合場所に到着w
ぷんぷんするNANAちゃん ヘラヘラするU太とちゃーりーくん

集合したのでいろんな意味で当初の時間に出発
っといきなりETCの入り口でトラップ発動
なんとか商店の軽がETCカードを挿入せずにつっこんだのである。
いきなりのトラップにリカちゃまの言葉が
「大阪に帰れ・・・」

兎に角ここで普段目にするドライブとは違和感があることに気づく

1、カーステにHDDプレーヤーが接続されアニソンや水樹奈々、声優などがランダム再生されている。

2、NANAが運転時にタクシーのおっさんのごとく 白手袋を装着している。
b0065170_23591348.jpg


さて車も順調に走り 気が付けばお昼に・・・
サービスエリアで休憩と昼食をとることに
さてメニューを開くと焼いたお肉ばかり
生肉が主食の私は皆にいじられながら
「近江牛のひつまぶし」を注文
b0065170_2359447.jpg

これが本当にうまいんだよ
精もついたところで旅の続きへ~

ガソリンをいれ運転はチャーリー君に変わった。
だんだん高速の壁も低くなり
田園の鮮やかな緑が目に入る
っとおもえば潮の匂いが鼻にまいこみ
そこは海です。
NANAのセレクション声優と雑談と景色を眺めているとなかなか時間がたつのがはやい


っとそんなとき 黒のミニが我々のレンタカーをすごい速度で追い上げる
黒にぬかれた我々は 買ったぜこの喧嘩と ミニを追いかける
しかし追いつけない メーターをみれば時速120kmを超えている
ど う み て も ミ ニ は 1 3 0 だ し て ま す 本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た

さてどれくらい走ったであろう・・・・
気が付けば後続の車がバックミラーから消えている。
前方にも車はいない

車はどんどん山の中にはいり
トンネルが連続で運転手のストレスをためていく
さすがに2km近いトンネルは景色がひますぎてたまらんだろう
やっとこさトンネルを抜けると

車窓からダムがみえだす

ダム・・・・
b0065170_015920.jpg



今夏の熱さでどこぞのダムが干上がったなど記憶にあたらしい
普通に生きていればダムは水をためる大切なもの・・・・そう感じるだけだろう

しかしひぐらしを知り、なおかつひぐらしツアーをしている我々にとって
ダム=雛見沢殺人現場
っという単純な考えをもってしまっている。
っというか持たないと楽しめないそうだろ?
ダムだけでゾクゾクするんだ こんな感動はない
たかがダム
されどダム
窓をあけカメラのシャッターを切る!
ダムを撮ったのは生まれてこのかたはじめてなのだ。
もう二度と撮ることはないだろう
ダム

つまり我々は白川郷もとい雛見沢に近づいたのだと実感をもち始める
っとその矢先にナビどおりに車を運転していると
幼稚園と小学校につっこんでしまっている。
そんなサトコのトラップを食らいながらもホテルに到着


<ここからこぴぺ>
結局、片道430km 時間にして約6時間の長丁場となってしまった。
</ここからこぴぺ>

さあ続きはまた次回


本記事はNANAの記事とザッピングしている
そちらの記事を読むことで多方面からこの旅を知ることができるでしょう。
おいおい そのブログにはネタバレがあるんだあ・・・・クリックはすべてを話してからにしておくれよ ほにー
by 6xt | 2007-09-16 00:02 | 人生
○またの名を聖地巡礼


夏の旅行と言えば(少し遅いが)海外旅行とか今年はめちゃバケとかある
が私の場合 今年は仕事引継ぎの勉学と墓参りでその大半を費やしてしまった。

数年前の夏休みといえば
二年連続でコミケにいったり
http://jeff6xt.exblog.jp/3331811/


男四人でディズニーいったり
http://jeff6xt.exblog.jp/3405259/

基地外ながらも濃い休暇を取っていた
更に去年は特にどこにもいかず何をしていたのか記憶にない
もしかしたらお盆休みすらなかったような気さえするw

んで久々にいつものメンツでひさしく旅路に・・・・
検討会議では(らしい)以下コピペ

 1. コンセプトが明確であること ←これ重要
 2. 大阪から適度な距離に位置していること
 3. 旅行に適する場所であること(観光地であること)
 4. 車での移動に適すること

それらの条件を統合し、意見をすりあわせた結果

 目的地:岐阜県大野郡白川村
 
 移動:車で4時間

 理由:
    『ひぐらしのなく頃に』の原作背景がそのまま残っていること
    元々、観光地であり聖地巡礼による地元住民の負荷が少ないこと
    都会の喧噪から離れ、温泉・食事等による保養が見込めること


(ここまでコピペ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・らしい

実はひぐらし一期が放送された去年の夏に一度フラっとこの企画を伝えたが
予定とか大人の都合で流れてしまったりする
(たしかこのブログで書いた 雛見沢は実在した!とかそんな記事をかいたころだ)

さて そんなこんなでさすがは幹事肌のNANAちゃん
いつもどおり栞のPDFを作成していきなりメッセで配布してまいりました。
(たしか7月21日)

持ち物やコンセプトをしっかりのせつつも
高速の乗り換え、ドライバーの交代時間など
絶望先生のキチさんの如しびっちりかきこんでおります。


しかしこのメンバーはNANAのとおり動くはずがない
前例がありすぎるからだ


とにかく準備は整った。
買ったぜ・・・この喧嘩
by 6xt | 2007-09-15 00:14 | 人生

余命一ヶ月の花嫁


彼氏「毎日何してるの?」


彼女「生きてる」

b0065170_0435562.jpg




日常の生活に慣れすぎ
平凡な毎日に嫌気が差し
家に帰っては寝るだけの生活
代り映えの無い人生に苦悩する

そんなことを思ったことはありますか?

しかし 日頃自分の傍にある小さな幸せや強い絆に気づいていかなければならないとおもいます。


権利者に何度か削除された今回の動画
完全版がうpされなおしたのでここに張ってみます。

ピンクリボン運動の認知がもっと広がればよいなと思うしだいです。




「オープニング」
http://www.youtube.com/watch?v=hVwmFY2Ce-E

第一章「発覚」
http://www.youtube.com/watch?v=0W4-gOlws18

第二章「出会い」
http://www.youtube.com/watch?v=gL_GApyVULQ

第三章「再発」
http://www.youtube.com/watch?v=VFASnvVwtiQ

第四章「余命」
http://www.youtube.com/watch?v=jyYJtAINNms

第五章「結婚式」 1/3
http://www.youtube.com/watch?v=-73vXrQOZGI

第五章「結婚式」 2/3
http://www.youtube.com/watch?v=mPXaiCOm4SU

第五章「結婚式」 3/3
http://www.youtube.com/watch?v=mjNaUIFeyBw

第六章「父娘」 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=TQeWrnhLOjg

第六章「父娘」 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=Z0QCldbsCXM

第七章「別れ」 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=l8jmIh2N2Jk

第七章「別れ」 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=mPglNEV9j8U

第八章「メッセージ」
http://www.youtube.com/watch?v=_xyojF47wPc
by 6xt | 2007-08-28 00:43 | 人生